ログイン方法を設定する

YubiOn FIDO Logon Web管理サイトへログイン方法を設定する手順を記載します。

認証器を登録する

FIDO2に対応した認証器をお持ちの場合、以下の手順で認証器を登録しておくことで、Web管理サイトにログインする際、パスワードの代わりに認証器を使ってログインすることができます。

登録可能な認証器
Web管理サイトのログインに使用できる認証器は、FIDO2対応の認証器のみ対応しています。U2F機能専用の認証器には対応しておりません。あらかじめご了承ください。

操作手順

  1. Web管理サイトの右上部の名前部分をクリックします。
  2. 「個人設定」をクリックします。
    個人設定
  3. 右上部の追加アイコンをクリックします。
    個人設定
  4. 認証器の登録が開始します。OKをクリックし、メッセージに従って認証器を登録してください。
    個人設定
  5. 認証器の登録に成功すると認証器の名称変更モーダルが表示されます。デフォルトでは認証器から取得した名称が登録されています。必要に応じて名前を変更し、「更新」ボタンをクリックします。
  6. 一覧に登録した認証器が表示されます。

認証器の名称を変更する

登録した認証器の名称は後から変更することができます。変更する場合は以下の手順を行います。

操作手順

  1. 認証器一覧の認証器右側の編集アイコンをクリックします。
    個人設定
  2. 名前変更モーダルで名前を入力し、「更新」ボタンをクリックします。
    個人設定
  3. 確認メッセージでOKをクリックし、変更を実行します。
  4. 変更に成功すると認証器一覧に表示される名前が変更されます。

認証器を削除する

登録した認証器を削除します。削除した認証器はログインに使用できなくなります。

すべての認証器を削除すると、認証器でのログインは表示されなくなります。また、「パスワードのみのログインを禁止する」設定が有効になっていた場合は自動的に無効に変更されます。

操作手順

  1. 認証器一覧の認証器右側の削除アイコンをクリックします。
    個人設定
  2. 確認メッセージでOKをクリックし、削除を実行します。
  3. 削除変更に成功すると認証器一覧から削除されます。

パスワードのみのログインを禁止する

パスワードでログインすることを禁止し、必ず認証器を使うようにすることができます。

個人設定

  • 無効
    パスワードでのログインができます。
    認証器が登録されている時は初めに認証器での認証が表示され、失敗またはキャンセルした時にパスワード入力が表示されます。

  • 有効
    パスワードでのログインができない状態になります。認証器が登録されていない場合は設定することができません。