アカウント画面

Windowsのアカウントと認証器の割り当てを表示する画面です。 アカウント情報は、登録コードで登録を行った端末PCから自動的に送信されます。

アカウント画面ローカル

  1. アカウント種別
    表示するWindowsアカウントの種別を切り替えます。
    ローカル
    クリックで、一覧にWindowsローカルアカウントを表示します。
    ドメイン
    クリックで、一覧にWindowsドメインアカウント(ActiveDirectory / AzureAD)を表示します。

アカウント一覧(ローカル)

登録済みのローカルアカウント一覧の情報を表示します。

  1. 端末名
    端末名称を表示します。

  2. アカウントID
    WindowsアカウントのアカウントIDを表示します。

  3. 表示名
    Widnowsアカウントの表示名を表示します。

  4. 緊急ログオン
    アイコンで対象アカウントの緊急ログオン状態を表示します。
    アイコンクリックで緊急ログオンの設定を行うことができます。

  5. 認証器
    アイコンで認証器の登録状態を表示します。
    アイコンクリックで認証器の登録・編集・削除を行うことができます。

  6. 登録日
    対象アカウントが登録された日を表示します。


アカウント画面ドメイン

アカウント一覧(ドメイン)

登録済みのドメインアカウントを一覧表示します。

  1. ドメイン名
    ドメイン名称を表示します。
    ActiveDirectoryの場合はActiveDirectoryドメイン名称、AzureADの場合は固定で「AzureAD」と表示します。

  2. アカウントID
    WindowsアカウントのアカウントIDを表示します。

  3. 表示名
    Widnowsアカウントの表示名を表示します。

  4. 緊急ログオン
    アイコンで対象アカウントの緊急ログオン状態を表示します。
    アイコンクリックで緊急ログオンの設定を行うことができます。

  5. 認証器
    アイコンで認証器の登録状態を表示します。
    アイコンクリックで認証器の登録・編集・削除を行うことができます。

  6. 登録日
    対象アカウントが登録された日を表示します。


緊急ログオン設定

緊急ログオンアイコンをクリックしたときに表示される設定モーダル画面です。 緊急ログオンの有効化または無効化の設定を行います。 緊急ログオン設定

  1. 期限
    緊急ログオンに設定する期限日時を設定します。

  2. 無効ボタン
    緊急ログオンを無効に切り替えます。

  3. 有効ボタン
    緊急ログオンを有効に切り替えます。「期限」を設定するとクリックできるようになります。

  4. キャンセルボタン
    緊急ログオンを設定せずに戻ります。


認証器設定

認証器アイコンをクリックしたときに表示される設定モーダル画面です。 選択したアカウントの認証器登録や編集、削除設定を行います。 認証器設定

  1. 表示名
    選択中のアカウントの表示名を表示します。

  2. 追加アイコン
    新規に認証器を登録するアイコンです。

  3. 名前
    割り当て登録済みの認証器の登録名称を表示します。

  4. 最終認証日時
    登録済みの認証器が最後に認証で使用された日時を表示します。

  5. 登録日
    認証器が登録された日を表示します。

  6. 編集アイコン
    登録済みの認証器の登録名称を編集するアイコンです。

  7. 削除アイコン
    登録済みの認証器を解除するアイコンです。

  8. キャンセルボタン
    認証器を設定せずに戻るボタンです。